島村楽器 鹿児島アミュプラザ店 シマブロ

島村楽器 鹿児島アミュプラザ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

【告知】ドラムスティック販売単位変更のお知らせ

8月1日よりドラムスティックの販売形式が変更になります。
島村楽器では、1本単位での販売を行っておりましたが、
今後は2本(1ペア)での販売へ変更致します。
7月31日までは1本あたりの販売価格になっておりますのでご注意下さい。
8月1日より1ペアあたりのプライス表記に変更致します。
ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願い致します。

【イベントレポート】パチカライブ&ワークショップ

皆さんこんにちは。島村楽器鹿児島店の海江田です。
今回は7月4日(火)に開催された「パチカライブ&ワークショップ」のイベントの模様をレポート致します。

今回使用する楽器"パチカ"とは?

f:id:shima_c_kagoshima:20170707154055j:plain
もともとアフリカの民族楽器で、セネガルマリ共和国などで、母親が子供に作って与える玩具です。日本で例えるならば、あやとりやお手玉といったところでしょう。現地では、アサラト、ケスケスと呼ばれ、地域によって色々な呼び名があります。それをプラスチック化し、壊れにくく、安価で提供できるように作られたのがパチカです。パチカの奏法は、日本で創作されたものが多く、アフリカ生まれの日本育ちの楽器です。現在、各楽器店を販売網としており、楽器として認知されています。

kakuei=PATICAMANのプロフィール

f:id:shima_c_kagoshima:20170707154937j:plain
大学在学中にアサラト(アフリカ原産の打楽器)との出会いにより、リズムの世界への追及を志す。アサラトよりも耐久性が高く、安定したリズムと高度な技術への挑戦ができる"PATICA(パチカ)"の日本での商品化の企画・製作・開発に携わる。日本国内に関わらず、ヨーロッパ各地、アメリカなど、海外にも積極的に出向き、パチカの普及活動に奔走中。またパーカッショニストとして、アーティストのサポート、ディズニーシーでのShow出演、サンフランシスコで開催されたsakura festival(ソロ)、伊勢神宮奉納演奏、TV出演(ポンキッキーズ、DAIBABA、etc)、ラジオ出演(FM横浜)。2007年、Overground Acoustic Undergroundを結成しFUJIロックフェスティバル、ROCK IN JAPANなど多くのフェスに参加している。

当日の模様はコチラ!

f:id:shima_c_kagoshima:20170707160426j:plain
開催当日はあいにくの天候にも関わらず、ご参加くださいまして誠にありがとうございます。
15時よりスタートしたイベントでしたが、音に誘われて多くに方々が足を止めて観覧しておりました。
参加された方々皆さん悪戦苦闘しながらパチカをマスターしようと一生懸命でした!
f:id:shima_c_kagoshima:20170707155944j:plain

f:id:shima_c_kagoshima:20170707161126j:plain
最後はパチカでセッション!
2つの球でこんな演奏ができるんだと驚き、感動しました。
とても奥が深い楽器だと思いました。

次回の開催も楽しみにしててください!

藤野美由紀サックスワークショップレポート♪

こんにちは!島村楽器鹿児島アミュプラザ店の福島です。

7/9(日)に藤野美由紀氏による、サックスワークショップ~基礎からはじめるアドリブトレーニング~を開催致しました♪

イベントの概要はこちらから↓↓↓

kagoshima.shimablo.com

それでは、ワークショップのレポートをさせていただきます!

まずは藤野さんの演奏からスタートです♪

f:id:shima_c_kagoshima:20170711183005j:plain

最初に藤野さんからの素敵な生演奏があり、私も含め参加されていた皆さん、聴き入っていました♪

次は質問コーナー

f:id:shima_c_kagoshima:20170711183523j:plain

演奏が終わった後は、早速質問コーナーへ。

みなさん今悩まれていること、わからないことを質問され、藤野さんがわかり易く答えていらっしゃいました。

その中でロングトーンについての質問がありました。

藤野さんも「とってもいい質問ですね」と、管楽器をやっている人なら誰でも口すっぱく言われる(!?)ロングトーンについて、深くお話しがありました!

f:id:shima_c_kagoshima:20170711183842j:plain

練習する際に、視覚を使った練習をするのも効果的と言われました!

これは白い紙に点を二つ(左下・右上)それを線で繋げて、その線を見ながら音量を上げ下げする練習、、、のお話し。

視覚を使った練習方法、あまり聞くことがなく新鮮でした!

実際に参加者の方も実践で吹いていらっしゃいましたが、簡単なようで線上に合わせて音量を上げたり下げたりするのは難しそうでした。

そして本題のアドリブ講座へ!!

f:id:shima_c_kagoshima:20170711183457j:plain

アドリブとは、スケールをいかに遊べるか!!

ということで、Cスケールでアドリブトレーニング♪

まずはドの音だけで、次はドとレで…こんな感じで1つずつ音を増やしていき、それを藤野さんと参加者のみなさんで回していきました。

みなさん、アドリブはやったことがないとおっしゃっていましたが、回数を重ねるごとにかっこよく、まさにアドリブができていました!!

最後はみんなで記念撮影♪

f:id:shima_c_kagoshima:20170711185744j:plain

藤野さんの人柄、演奏全てに魅かれ、参加者のみなさん全員が大満足されたセミナーでした!!

もちろん私も!!

今度は私もサックス持参で参加します!!!!

楽しくためになるセミナーありがとうございました。

 

【DTM塾】入門講座第3回「いざ作曲!打ち込み入門編」【レポート】

【レポート】入門講座第3回「いざ作曲!打ち込み入門編」

f:id:shima_c_kagoshima:20161107181736j:plain
こんにちは!
島村楽器鹿児島店デジタルアドバイザーの西牟田です!

梅雨、、ですね。
なんというか「今更来たか」という感じがしますが。

でも私じめじめは嫌いですけど、雨の音って好きなんですよ。
あれ昔調べたことがあるのですが音楽的な理由があるらしいですね。

諸説あるのですが一説には、雨音の中に含まれる「サーッ」て音、あれはいわゆるホワイトノイズで、
このノイズに含まれる高周波数が人間の脳にとって心地よくなる音である
という説。
そして一説には、整ったリズムと不確かなリズムとの間にうまれる「1/fゆらぎ」というリズムが、
人に快適感やヒーリング効果を与える
とする説。

どちらも科学的根拠はない話で、その他の説にはなかなか怪しい話もあるのですが(笑)
私を含め、一定のリラックス効果は期待できるのではと感じています。

私BGMを作ることが多いせいか、環境音やFX系の音がすごく好きで、
曲の後ろに雨風の音だったり、くじらの吠えるような音を入れたりはよくします。
そういう音源も売ってますが、自分でサンプリングしに行くのも面白いですよ!

さて、そんなたのしいたのしい音楽制作のセミナー「DTM塾」
いつものレポート行きたいと思います!

今月は入門講座の第3回
「いざ作曲!打ち込み入門編」ということで
打ち込みの仕組みや、その方法を実演しました。

打ち込み・・・の前にMIDIって何?

f:id:shima_c_kagoshima:20160519172609j:plain

DTM塾塾生の方々はもう耳にタコができるほど私の口から聞いたと思います。

MIDIってなんでしょう?」

さて、読者の皆様は的確にお答えできますでしょうか。

実はMIDIって略語でして、
「Musical Instrument Digital Interface」の略です。

・・・( ^ω^)・・・

意味が分かりませんね。翻訳します。
「デジタル楽器の演奏情報の世界共通規格」のことです。

・・・(; ^ω^)・・・

訳が分かりませんね。通訳します。

色々説明する言い方はあると思うのですが、私はいつもこう答えます。
「パソコンやデジタル楽器にとっての楽譜情報(スコアデータ)のようなもの」
これで端的にMIDIを理解できます。

どいういうこと?

例えば皆さんが作曲者で、Aさんにピアノを弾いてもらうとします。
当然、指示通りに弾いてほしいと思うところですが、その伝達手段として何を使うでしょう?

そう、「楽譜」を書いてAさんに「この通りに弾いてね」と渡すはずです。


ではもしAさんがパソコンだったらどうでしょう?


・・・哲学的な問いをしたいわけではなく、私達はパソコンで音楽制作をしていきます。DTMでは、自分の弾けない楽器は音楽制作ソフトの中に入っている「ソフト音源」というバーチャルな楽器を使って、パソコンに演奏を再現させることになります。

さて、パソコンに指示通りの演奏をしてもらうにはどうしましょう?
当然楽譜をパソコンにスキャンさせたって演奏してはくれません。

・・・はい。その通りです。
そこで「MIDI」が登場するわけです。

このMIDIデータの中には、発音タイミング・音程・強弱・音符の長さなどなど、
私達が古くから使う楽譜」と同じような情報が入っており、

音楽制作ソフトにMIDI情報を入力し、鳴らすソフト音源(楽器)を指定してあげることで、
入力されたMIDI情報をもとにパソコン(ソフト音源)が演奏を再現してくれる、
という仕組みになっています。

f:id:shima_c_kagoshima:20170306181157j:plain
↑ドラムのソフト音源

そして、そのMIDI情報をリアルタイムで入力することのできる機材
MIDIキーボード

さらに、実際に音楽制作ソフトにMIDI情報を入力していく作業のこと
「打ち込み」と呼ぶんですね。

DTM塾では

第3回のDTM塾では、第2回で参加者様と作ったコード進行をもとに、
打ち込みを実際に行ってご覧に入れました。

打ち込みって主流なもので3種類のやり方があるのご存知ですか?
今回はそれぞれの特徴を踏まえて、効率的な打ち込み方法をご紹介しました。

f:id:shima_c_kagoshima:20170629181954p:plain

次回(7月30日)【夏休み特別編】マンツーマン!お悩み相談&音楽制作体験セミナー

kagoshima.shimablo.com

さて次月は、いつもの実践講座はお休みさせていただきます。その代わり、
夏休み特別企画!ということで、要望の多かった「マンツーマンセミナー」を企画いたしまた!!

経験者の方には機材・曲データご持参でお悩み相談!
未経験・ビギナーの方には実際の機材でDTMを体験!
を、していただくことができます。

マンツーマンの為完全予約制&5名限定となります。
ご予約はお早めに!!

店舗名

島村楽器 鹿児島アミュプラザ店|

電話番号 099-812-6818
担当 西牟田(にしむた)

お気軽にお問い合わせください!

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.